So-net無料ブログ作成

(№1126)北海道復興割で函館旅行その1 [北海道地方]

----2018年12月11日(火)曇り----
温かい12月と思っていましたがとうとう寒い日が続くようになりました。そんな中もっと寒い所に12月6・7日の二日間で某旅行会社の北海道復興割と云う団体旅行に参加して函館に行ってきました( ・◡・ )♫•*¨*•.¸¸♪

函館には私は殆ど利用しない飛行機です。
相模大野から羽田行きの高速バスで羽田空港に行けるので便利になりましたが、6日の出発当日は道路渋滞がひどく1時間半程度で行けるとの事でしたが2時間もかかってしまいました _ノフ○モウ グッタリ 

集合時間11時55分に間に合うのかなとチョッとドキドキしていたら何と乗る飛行機12時45分発が検査でトラブルが見つかり多少の遅れとの事で楽勝に間に合いました∑(゚Д゚;)エッ!トラブル

001.JPG
        ところがこの飛行機が急遽、別の飛行機となり
        さらに1時間遅れのスタートとなりました。

朝9時に自宅を出てすでに13時半過ぎ、もう4時間半も経っているのにまだ羽田空港、函館に明るいうちに着くのかな 
ヽ(´д`;)アア…

002.JPG
        何だかんだで13時50分やっとフライト
        函館到着15時過ぎらしい ∑(゚Д゚;)イチヂカンオクレ

003.JPG
        15時、函館の街が眼下に。ありゃ雪がない∑(*゚ェ゚*)エッユキガナイ
        まぁ無い方が市内観光は楽だけどチョッと寂しいかな


観光予定ではこの後、函館元町レトロの町並通称ソフトクリ-ム通りの散策らしかったのですが到着が遅れたので飛行場から近いトラピスチヌ修道院に変更、バスガイドさんによるとここのソフトクリ-ムはとても美味しいとの事。その修道院10分ほどで到着。バスを降りるとチラチラと白い物が降って寒さが増し美味しいと言われたソフトクリ-ムを食べるどころではないでした(ΘΘ)サム

005.JPG
        厳格な生活の雰囲気が漂わせる女性修道院。
        年令制限や面接などで結構入学するのが難
        しいとか、ちなみにトラピストだと男性の
        修道院との事なのですね。

バスガイドさんの説明を聞きながら30分程の見学。バスに戻った時はもう真っ暗、この後は観光で超有名な函館山からの展望100万ドルの夜景を見に行きました。
バスに乗ると旅行会社からの3時のおやつとしてラッキ-ピエロというお店で販売しているビックなチャイニーズチキンバーガーが差し出されましたが、時間はすでに5時過ぎ、今食べたら夕食が食べられなくなるよなぁと思っていましたが、お腹も空いていたので思わず大きな口を開いてパクリこれは旨い~。

012.JPG
        一口パクリと食べたかみさんのチキンバ-ガ
        これは美味しいと喜んでいました ゚ェ゚)モグモグ

函館山の登山道路は雪のため通行止めとなりロープウエイで行く事になりました。
ロ-プウエイは125名乗れる大型なゴンドラです。
007-1.JPG
       3分間の乗車で山頂に着きます。函館の夜景が楽しみです。

007.JPG
       反対側のゴンドラとすれ違ったので半分まで上ってきましたが
       眼下が何となくボャっとしてきました 「(゚ェ゚*)ミエナイ。

008.JPG
        山頂に到着。展望台の外は吹雪いている様で何も
        見えないので外に出ると眼下が見えるかなと外に
        出ると吹雪それに寒すぎ当然何も見えません
                           ʅ(◞‸◟)ʃオーマイゴット

バスガイドさんが冬は中々綺麗に見える事が少ないとか言っていたなぁ~。

さて、函館山後にして最後は函館ベイエリアの散策です。ロープウェイの下駅から徒歩でも10分程で行けます。近いですね。でも暖かい車内の観光バスでいきます。(--)ヌクヌク

赤レンガ倉庫が建ち並ぶエリアに12月1日から函館クリスマスファンタジ-を開催して、ライトアップやイルミネ-ションが綺麗に輝いていました(・∀・)イイネ! 海の上に浮かぶ高さ20mのクリスマスツリ-に15万個のLEDが輝く様は圧巻でした
(゚∀゚)オオ!

010.JPG
       このもみの木は函館の姉妹都市でもある1万8千㌔離
       れているカナダのハリファクス市から船で1ヵ月もか
       けて運ばれたそうです。(゚ー゚*)ソウナンダ 

009.JPG
       石造りの七財橋から眺めた運河と金森倉庫群。
       照明が雪の降る運河を照らしていたのが印象的
       でした (´ω`)シミジミ

011.JPG
       人気№1のビックなチャイニーズチキンバーガーが
       食べられるラッキ-ピエロの店内、他にも多彩な商品
       が有りました。

19時30分過ぎベイエリアを後にして今夜泊まる湯の川温泉のホテルに向かいます。(・∀・)/ ハーイ
今夜のホテルの食事は17時頃にチャイニーズチキンバーガーを食べていたのでそれ程お腹も空いていなかったのですが、握り鮨イカなどのライブキッチンビュッフェが好評らしいとの事なので楽しみ。…でしたが…

017.JPG
ホテルの廊下は日本調で感じがいいのですが部屋は日本間10畳、部屋風呂はビジネスホテルと同じ小さいユニットバスでした。湯の川温泉なので風呂は大浴場の温泉でどうぞという事なんでしょうね。

016.JPG
       さて、食事は時間的に遅かったのか品数も少なく、また
       北海道らしさの食材が少なく期待外れでした ┐(゚~゚)┌。

バンフレットを良く見たらあと旅費に1万円追加すると海鮮バイキングだったそうです。
しかし夕食に1万円追加は高いじゃないのかなと…。

と云う事で食事も早めに切り上げて温泉に入る事にしました -(´_`)アッタマル
浴場は11階で眺めもいいし、露天風呂も有りますが外に出たら寒くて入りませんでした。ちなみに露天風呂には誰も入っていませんでした。

015.JPG
そんなこんなで粉雪が舞い散る函館観光1日目が終わりましたヽ(´д`;)アア…
明日の集合は9時と云う事で早朝に徒歩2分程度に函館市電が走っているので撮りに行こうかと考えています。雪の市電もいいかな~(●`エ´)ノ ‘`エ-ィ

続きます
では[手(パー)]



nice!(9)  コメント(3) 

nice! 9

コメント 3

伊豆之国

函館には、夏休みに行ってきたのですが、実は全く同じような苦い体験を味わっています…。
函館を訪れたのは20年ぶり、4度目。今回は北海道新幹線で新函館北斗から函館に入り、市電に乗って山麓の元町界隈の洋館や教会を見てから坂を下り、今回が初めてのベイエリアへ。でも倉庫群の内部はどこにもありそうな土産物屋ばかりだったので早々と切り上げ。「ラッキーピエロ」のハンバーガーを召し上がってきて、いったん宿を取った五稜郭近くのホテルで一休みしてから函館山を目指したのですが、山の中腹から上を濃霧が覆う生憎の空模様。それでもロープウェイで山頂行きを決行したのですが、写真と同じように途中までは見えたのが、上に行くと霧の中に入って全く見えず。20年前にはじめて見に行ったときには綺麗に見えて、記念写真も撮っていたのでしたが…。
翌朝は、五稜郭を見たあと、再び長いトンネルを抜けて津軽方面へ。こちらでは快晴に恵まれ、農村集落の中の一軒宿の温泉旅館に泊まって、夜に外を見ると満天の星空。北のほうを見ると、北極星を挟んで北斗星とカシオペアが向かい合い、「どちら(の列車)もとうとう乗れないまま終わってしまったなぁ」と苦笑いも…。
最終日は、五能線に乗って絶景を堪能してきたのでした。

by 伊豆之国 (2018-12-12 20:58) 

シュウチャン

燕っ子さん
Cedarさん
@ミックさん
えすぷれそさん
フジトモさん
鉄腕原子さん
kiyokiyoさん
あおたけさん
nice!ありがとうございました。

伊豆之国さん
コメントありがとうございました。
旅行は楽しいのですが天候だけはどうしょうもないです。旅行は車窓が楽しめる列車がいいですね。


by シュウチャン (2018-12-13 23:57) 

シュウチャン

いっぷくさん
nice!ありがとうございました。

by シュウチャン (2018-12-15 00:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。